スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット・常識の勘違いⅣ

ダイエット・常識の勘違い
痩せるにはカロリー計算が必要。
 カロリー計算が煩わしくない人は、ダイエットに取り入れても構いませんが、食生活を数字で縛ると、ストレスが溜まります。「これ以上はダメ」「これ以上食べると太る」ということは、本人が一番分かっているはずです。体重が増え続けているなら、食事量を少し減らせば良いですし、それで、体重の増加が止まれば、摂取と消費のバランスが合った状態です。たくさん働いて、体力を消耗したときには、糖分を摂り、疲労回復を促す必要があります。カロリーオーバーだからダメ!と身体の自然な要求を無視してしまうのは、健康上、良くありません。
注意:カロリー計算をするうちに、口に入ったカロリーは全て蓄積すると錯覚し、拒食症になった女性がいます。ほどほどに。

痩せたいのなら、夕食を軽くする。
 筋肉や骨は、夜間の睡眠時に最も作られやすく、そのためのタンパク質合成を促進させるために、夕食では、肉や魚など、しっかり摂らなければダメです。
 夕食を軽くすることで、ダイエットすることは出来ます。軽い夕食は、体脂肪を減らしますが、筋肉や骨などを同時に減らしてしまいます。基礎代謝に充てられるエネルギーの内、35%前後は、筋肉で消費されます。正しいダイエットをしましょう。
スポンサーサイト

ダイエット・常識の勘違いⅢ

ダイエット・常識の勘違いⅢ
・食べる量を減らせば痩せられる
 食事の量を減らすと、身体は、エネルギーをあまり使わなくなります。エネルギーを節約し、身体の熱を逃がさないようにし、熱の生産も抑え、体温を低くします。これにより、筋肉を減らし、毛細血管は閉鎖し、血液の循環が悪くなります。更に、赤筋(白筋より酸素を使って体脂肪を燃やし、ブドウ糖の分解力も強い筋肉)を白筋に戻してしまいます。言い方を変えると基礎代謝が低下します。そこで、食欲に負け、反動のドカ食いをしてしまうと、通常、持っている食べ過ぎたエネルギーを燃やす力が働かないので、リバウンドとなります。減量するときには、筋肉や骨に負担を掛け、長時間を要するのに、体重が増えるときには、アッというまに脂身が付きます。

・ご飯の量を減らせば痩せられる
 ご飯(炭水化物)は、エネルギー源になりやすく、熱として放散され、カロリーが身体に溜まりにくいものです。カットすべきなのは、炭水化物ではなく、脂肪なのです。炭水化物が多く、脂肪の少ない食事を摂ると1日のエネルギー消費量(特に睡眠中)が大きくなります。

ダイエット・常識の勘違いⅡ

ダイエット・常識の勘違いⅡ
・早く痩せたい人には、ジョギングがお勧め。
 ジョギングは、し過ぎると骨のコラーゲンの分解を促し、カルシウムが溶け出して、骨量が減少し、骨折しやすくなります。
 ジョギングすることにより、体脂肪だけが燃焼するのならベストなのですが、筋肉のタンパク質や骨を作っているコラーゲンまでも燃焼したり、分解したりしてしまいます。という理由で、お勧めできません。

・週1回は、スポーツジムでハードなマシン運動を。
 スポーツジムのマシン運動は、大別すると、エアロビクス運動とレジスタンス運動に分けられます。
 エアロビクス運動とは、エアロバイクなどを使用して行う運動で、前述した理由でお勧めできません。
 レジスタンス運動とは、バーベルやダンベルを用いて、筋肉を鍛える運動です。筋肉を極度に刺激すると、「白筋」が増えます。白筋は、脂肪を分解したり、ブドウ糖を分解したり、あまりしません。白筋の多い人は、肥満や糖尿病になりやすく、良いことがありません。

ダイエット・常識の勘違い

ダイエット常識の勘違い
・運動すれば痩せられる
 ダイエットは、極めて日常的な事柄ですので、人間の本性にあったものであるべきです。人間の本音は、ぐうたらしながら、美味しい物を食べ、スリムでいたい、だと思います。ダイエットのために、ハードな運動などしたくないでしょうし、日々の生活の中では難しいと思います。無理をしてダイエットを行っても、長続きしませんし、結果的に、リバウンドしてしまいます。

痩せるためには、1日一万歩以上歩く。
 先ほども触れましたが、日々の生活の中で、一万歩歩く時間を作れる人が、どれだけいるでしょうか?暑いときも寒いときも、雨の日も、風の日も一万歩歩くのは、常識を逸脱しています。身体を動かしてダイエットするという方法は、40分以上は、継続するというものです。何かと忙しい現代人には、無理があります。



最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。