スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ予防の健康習慣

東京慈恵会医科大総合健診・予防医学センターの和田高士教授が7年間、人間ドックを受けた約9500人を追跡調査したところ、日本生活習慣病予防協会理事長、池田義雄氏の提唱する健康習慣が、従来の健康習慣と比べてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発症をより効果的に減らすことが分かったそうです。
従来、国内で広く紹介されていた「7つの健康習慣」は、米国カリフォルニア大教授、レスター・ブレスロー氏が1965年に提唱したものです。
これは、良い生活習慣を送っている人ほど死亡率が低いことを発表したもので、今でも厚生労働省のホームページで改変したものが記載されています。
その後、昭和62年に大阪大大学院教授の森本兼曩(かねひさ)氏が日本人を対象にストレスを加えた新たな「8つの健康習慣」を、平成3年には池田氏が「一無・二少・三多」を提唱しました。
その3氏の健康習慣がメタボ予防にどの程度の効果があるかを和田教授が検証したわけです。
男性6700人、女性2800人を対象に検証が行われ、圧倒的に、池田氏の健康習慣が効果を示したそうです。

・池田氏の健康習慣
「一無・二少・三多」
○一無:煙草の無い生活
○二少:少食・少酒…食事量と飲酒量は少なめの腹8分
○三多:多動・多休・多接
    多動…身体をできるだけ動かす
    多休…休息・睡眠を十分とり、心身ともにリフレッシュ
    多接…趣味などで多くの人や物と接し、ストレスを発散

これを心掛け、実践するとメタボにならないそうです。
私には、出来そうも無い点が2~3ありますので…

因みに、私のダイエットは、2kg減で小康状態。
あと5kgは、絞りたいのですが…
スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。