スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット・常識の勘違いⅣ

ダイエット・常識の勘違い
痩せるにはカロリー計算が必要。
 カロリー計算が煩わしくない人は、ダイエットに取り入れても構いませんが、食生活を数字で縛ると、ストレスが溜まります。「これ以上はダメ」「これ以上食べると太る」ということは、本人が一番分かっているはずです。体重が増え続けているなら、食事量を少し減らせば良いですし、それで、体重の増加が止まれば、摂取と消費のバランスが合った状態です。たくさん働いて、体力を消耗したときには、糖分を摂り、疲労回復を促す必要があります。カロリーオーバーだからダメ!と身体の自然な要求を無視してしまうのは、健康上、良くありません。
注意:カロリー計算をするうちに、口に入ったカロリーは全て蓄積すると錯覚し、拒食症になった女性がいます。ほどほどに。

痩せたいのなら、夕食を軽くする。
 筋肉や骨は、夜間の睡眠時に最も作られやすく、そのためのタンパク質合成を促進させるために、夕食では、肉や魚など、しっかり摂らなければダメです。
 夕食を軽くすることで、ダイエットすることは出来ます。軽い夕食は、体脂肪を減らしますが、筋肉や骨などを同時に減らしてしまいます。基礎代謝に充てられるエネルギーの内、35%前後は、筋肉で消費されます。正しいダイエットをしましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

crohns disease

I was fortunate. My physician did talk about diet. But he recommended a bland diet with little fiber. For someone who enjoyed salads as a meal, this was a bummer. But I’ ve found that high fiber, fats, and, as you say, sugars, do tend to trigger symptoms so I avoid them. I’ ve learned to like fish a lot, though. I also find that yogurt several times a week is helpful, and I take a B- complex vitamin with C and iron daily. I’ ve developed a thirst for cranberry juice that hasn’ t gone away since I was diagnosed.
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。