スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームとは?

私の夏からの減量ですが、11月7日現在、-8kg(3ヶ月)で、お腹も引っ込みました。
特別なことをしたわけではなく、甘い炭酸飲料をお茶に代えたり、缶コーヒーを止めたくらいです。
以前にも書きましたが、缶コーヒーは糖分の塊ですから…

最近、良く耳にするようになったメタボリックシンドロームとは、どういうものなのでしょうか?
メタボには、生活習慣病が関連してきます。
肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などです。
生活習慣病の原因と考えられているのが肥満で、特に内臓に脂肪がたまった肥満が問題なのです。
そのような内臓脂肪が溜まったことが原因で病気になるような状態が、メタボリックシンドロームということです。
肥満には二つのタイプがあり、それは脂肪が体のどの部分につくかで分かれます。
先ず皮下脂肪型肥満があり、これは脂肪が下腹部、腰の周り、太腿、お尻の周りの皮下に付いているタイプです。
そして、内臓に脂肪が蓄積するタイプを内臓脂肪型肥満と呼びます。
体形から、洋ナシ型肥満、リンゴ型肥満とも呼ばれています。
メタボリックシンドロームといっても、その症状は様々です。
自覚症状がないため、自分では少しも気付かない中に病気が進んでしまっていることもあります。
先ずは、メタボリックシンドロームの意味をきちんと把握し、そのうえで自分の体の状態を把握しましょう。
そこで、初めてメタボリックシンドロームの予防と改善が始まります。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。