スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドローム

数年前から、しきりにメタボリックシンドロームという名前と対策が叫ばれていますが、メタボリックシンドロームとは、どういうものなのか調べてみました。
内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人が、メタボリックシンドロームの対象になります。このタイプの肥満に、高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を合併した状態をメタボリックシンドロームというのです。
従来、日本で行われたメタボリックシンドロームの診断や対策は、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準が元になっていました。これが、2005年4月に開催された日本内科学会総会において、日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されました。現在では、それが日本の診断基準となり、その対策が考えられています。
詳細としては、先ず、内臓脂肪の蓄積をウエスト径で判定します。
それが男性だと85cm以上、女性ならば90cm以上がメタボリックシンドロームの対象となっています。
もし、この内臓脂肪を腹部CT画像で精密に測定したとします。そうするとこの数字は、断面積100平方センチに相当することになるとのことです。
現在、世界中で注目、問題視されているメタボリックシンドロームについて、その対策をするための様々な研究が今でも続けられているそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。