スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット・顔やせ

顔を痩せさせたいのには、2種類の理由があると思います。
寝起きのむくみが酷いときと、普段から顔の肉が気になるときです。
今回は、寝起きのむくみの解消法です。
むくみの原因は、体内の水分と塩分のバランスの崩れにあります。
バランスの崩れにより、老廃物が身体の外に流れなくなっているために起こります。
ですから、むくみを取るには、この老廃物を身体の外に流してやることです。
○方法
①両手を首筋に当てます。
②首筋を前後に強めにさすります。
③首のコリもマッサージします。
④特に、首の付け根から、顎の下に向かって、良くほぐします。
これを、10~15回位行います。

所要時間5分、これで、むくみは解消します。
是非、お試し下さい。

ダイエット・肩胛骨ストレッチ

ダイエットに効化のある肩胛骨のストレッチを紹介します。
肩胛骨周りの柔軟性が大事な理由としては…肩胛骨の周りが固くなると、左右の肩胛骨が開きます。
すると、そのままではバランスが悪いので、自然に背骨が曲がって猫背になり、骨盤が下がってしまいます。

こんな具合に、肩胛骨発のゆがみ列車が発車してしまいます。

ストレッチすれば柔軟性は回復するのでやってみましょう。
2分もあれば出来ますので、頑張りましょう。

肩胛骨のストレッチ(肩胛骨を寄せてあげる!)
1.立った状態で、背筋を伸ばして、両膝を腰の幅に開く
2.バンザイするように両腕をまっすぐ頭上に伸ばす。
(二の腕が耳につくくらいしっかりと伸ばすこと。そして、手の平を内側に向ける)
3.手のひらが外側に向くように腕をねじる
4.ひじをゆっくり曲げ、肩胛骨を寄せながら腕を左右に開く
(身体の両面から壁が迫ってきて、手のひらが押されているイメージでやります。)
5.肩胛骨をどんどん寄せながら、腕をおろしていく
(両ひじを肩よりも後ろに下げる)
6.腕をおろしきったら、手のひらをひねって上に向けて肩胛骨をさらにぎゅーっと近づける。
7.2,3回呼吸して、最後にふっと力を抜く。

これを2セット行います。

簡単でしょ!

注意点

手順2の両腕をまっすぐ頭上に伸ばすは、限界まで伸ばすこと!
伸ばしているようで伸ばしていないことが多いのです。
これでもかってくらい伸ばしてください。
今まで縮んでいたのが良くわかると思います。
手順4と5はひじに注意!
ひじが肩より前に出ないように気をつけてね。
肩胛骨をくっつけるようなイメージがわかりやすいと思います。


ダイエット・操体術

ダイエット操体術

操体術で、トレーニングする目的は、
「自分の身体を100%使いこなしたい」
「自分の意志で身体を支配したい」という欲望が大事です。

結果として、スタイルが良くなります。
結果として、体重が減ります。
結果として、喧嘩に強くなります。(喧嘩なんかしませんが・・・)

トレーニングを毎日やっていますと、次に何をすればいいか何となく分かってきます。
筋肉の動きを感じることが出来ますし、凝り固まっている部分も探知できます。

人間の身体ってなにもしないと、必ず歪んで固まっていくのです。
操体術の基本は凝りを探してほぐして、ゆがみを取ることです。
凝りさえ取れれば、意志で制御できるようになります。

一日5分でも10分でもいいですから、身体の凝りをほぐすようにして下さい。
身体は必ず応えてくれます。

楽してトレーニング系がけっこうありますが、自分の意志で制御しない運動って、身体の負担になるだけです。運動系の器具によって、筋肉はつくけど、意志が通っていない肉のかたまりで使い道がないのです。見掛けのスタイルがよく見えるだけです。

道具をどうしても買いたい場合は、自分の運動をサポートするものや、
動きの幅を広げるものにして下さい。

股関節のストレッチ、股割りについて前記しましたが、次回は、肩胛骨のストレッチについて記します。

ダイエット・股割り

股割りとは、お相撲さんがやる四股の体勢です。

股割りは腹筋と背筋をバランスよく鍛え、大腿部の脂肪を燃やし、
なおかつバランス能力まで高めてくれます。
手軽でダイエット効果が高いのでおすすめです!

実は、股割りは正しくやるのは結構難しいのです。
素人がやると股割りもどきになってしまいます。

正しい手順は
1.直立して肩幅より少し広く足を開く。
2.つま先を30°くらい外に開く
(この角度を広げるほど負荷が増大します。相撲取りは90°まで開きますね)

3.膝をつま先の方向に曲げながら、垂直に腰を落とす。
(これのチェックがきつい。膝が内側に入ったり、背筋が曲がったりする)

4.膝を90°まで曲げた状態で10秒ほどキープ。
そしてゆっくりと腰を上げて元の位置へ

これを10回ほど繰り返す。
10回出来ないなら出来るところまででOK。

このようにやるのですが、手順3のチェックがきついのです。

そこで、初心者向けのダイエット股割り方法です。

初心者向け股割り
1.部屋のコーナーを探して、そこに移動。
2.コーナーに背中を預けて、足を壁にくっつける。

3.膝を壁から離さないようにしながら、つま先の方へ曲げる。
そして、背中もコーナーから離さないようにして、垂直に落とす。
(つまり、壁を使って正しい姿勢を取っていることを確認します)

4.膝を90°まで曲げた状態で10秒ほどキープ。
そしてゆっくりと腰を上げて元の位置へ。

こんな感じです。
正しい股割りのやり方を身体で覚えたら、
コーナーからはずれても構いません。

ダイエット・股関節ストレッチ

ダイエットに効化のある股関節ストレッチです。

股関節の回し方は

1.あおむけに寝そべる

2.左足の膝を胸に引きつける
(自分が出来る限界まで引きつける。手を使わないこと。)

3.そのままゆっくりと外側に膝を倒す。
(この時、左足が床につかないようにしてね。)

4.左膝を床すれすれに半円を描くように回して膝を伸ばす。
(これで最初の状態です。最初の状態との違いは足が浮いていること!)

5.左膝が右足の上を半円を描くように動かして、胸に引きつける。
(右足の上を通り、かつ、出来るだけ大きく膝を動かす)

これを5回くらいやる。
終わったら反対の足ね。


注意点
1.股関節に意識を向ける。(ぼーっとしながらやると効果半減)
2.自分の動かせる限界まで関節を動かす。楽しないよーに!
3.回しにくい方の足を多めに回す。(骨盤のゆがみ矯正)


これを毎日やってくださいな。5分くらいで終わるしね。
2週間くらいで効果を実感しはじめます。
股関節回しは、やっているうちに正しいやり方が分かってくるので、
最初は上手くできなくても問題ありません。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ダイエット・痩せる

サイト案内
スポンサードリンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
管理人のブログ・サイトです
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。